ヒナの業務日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 車輌工作だけじゃダメ

<<   作成日時 : 2007/07/14 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

模型の形式写真をちゃんと撮ってみようとふと思い,やってみた
画像

画像

結論 ピントとか良くわかんないのでこの際いいとして…

やはり架線・架線柱は必要!! 
モジュール作りたいです〜特に電車区
一応レイアウトに置いても違和感無いように作ってるので
やはり1/150だけどホンモノと見間違えるぐらいにはしてやりたいじゃないですか

とは言うものの…
画像

まぁ車輌未加工だからサ! 笑  でも背景は必要かと。。

アッ,キハ20引取りに行かねばッ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒナさん、こんにちわ!
先日はお立ち寄りいただきありがとうございました。
模型のことはヒナさんから学ぶことの方が圧倒的に多いので、当方から(多分)アドバイスできる写真のことを少々。

デジカメに絞りをマニュアルで操作・設定する機能は付いていますか? YESであれば、絞りを絞る(数字を大きくする)ことで被写界深度(簡単に言うとピントの合う範囲)が深くなり、より奥までピントが合うようになります。但し、同時にシャッタースピードが遅くなりますので、手持ちの限界を超える時には(一般的には1/60以下ぐらいでしょうか)三脚を使う、ISO感度を上げる、もしくは部屋を明るくするといった工夫が必要です。
ワタシがいつもやっている、ちょっとしたコツは、右手にカメラを構え、左手で照明スタンドを持って、影の出方などを見ながら、写りの良さそうな光源の位置を決めることです。あえて逆光や半逆光にすることで、ドラマチックな演出(同じ車両でも表情が随分変わる)も出来るはずです。かなり効果がありますので、一度お試し下さい! 
18201
2007/08/04 01:40
遅くなって大変申し訳ございません

さて,デジカメの件ですが…付いているものの数値などはありませんでした…↓
近々買い替え計画があるので是非参考にしてみます

照明は旧型車撮影にはやはり白熱球が似合います笑
場所などが確保できればモジュールでも作ってやりたいのですが…なかなか思い通りにはいかないものです(汗
南ヒナ
2007/08/10 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
車輌工作だけじゃダメ ヒナの業務日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる