ヒナの業務日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 引き回しましょうー配管を笑

<<   作成日時 : 2007/09/09 16:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

気分転換にやってみました
画像

まずは避雷器から伸びるアース線のうち前面に伸びてくものから
アース線には0.2mmを使ってます
予めあけた穴(前面にもあけます)にわっかにしたリード線を差込 
真鍮線を通したら裏側から一本づつ引っ張って固定
形状は割りピンを使ったほうが実感的ですが〜簡単なので笑

ちなみにナナさんには母線・カギ外し以外には台座はつけてません(前作との仕様統一のためと謳ってますが〜実際の理由は言うまでもないです)
画像

今度は作用管 せっかくキットについているのでここはラクをします♪
固定にはボナの配管止めセットの中にはいっている作用管止めを使用
画像

気をつける点は折り曲げるところぐらいでしょうか
では次いきます〜
画像

今度はアース線の残りの部分 避雷器に接続するように線材を折り曲げるところがポイント
0.2mmは焼きなまし過ぎると焼き切れるので注意が必要です。。
画像

おまけ
接続部分付近には配管の姿勢を正す為の(??)部品が付いてますので,それを割りピンを使って表現しました
画像

形状は多少違いますが,Nなら全然おkでしょうー

ちょっと休憩。。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
南ヒナさん、

配管引き回し講座、ありがとうございました!
避雷器アース線、これでだいぶイメージがつかめるようになりました! 感謝感謝です。立ち上がりの部分を支えるステー(もしくはサポート、日本語なら支持棒、ってとこでしょうか)もよくわかりました。ともかく0.2mm線を、あっち向かせたり、こっち向かせたり、ふにゃふにゃ曲げてやらんといかん、ということですね! 避雷器本体に突っ込むのは、上方からか、水平方向からか、というのがまだ少し疑問なんですが、Nでそこまで細かい話をしてもしょうがない気もします。

それにしても作用管、上手に曲げてるなぁ(笑)。どうやれば上手く出来るか、って説明できるものではなく、ひたすら実践あるのみ、か・・・。

台座も含めて、全部塗装前に接着されてるんですよね?! これを塗装後に(あんなにキレイに)色差しできちゃうんだから、スゲー!です。

塗装編、楽しみにしてまーす!
18201
2007/09/10 18:10
いや〜なかなか言葉で表現するのは至難の業です(^^;)

作用管はモノによって曲げやすさが異なるようです
板厚が厚めと薄めのものがあり,厚めのものならペンチで簡単に曲げられますが,薄めだとふにゃふにゃになってしまいます
どうやら最近発売のキットは厚めのようで,南武線キットはかなり前の製品なので配管が弱弱しかったのかもしれません

ところで後記事に登場する73387の側板,いかがですか?笑
ただ前面・妻板を部品請求する必要がありますが…
南ヒナ
2007/09/11 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
引き回しましょうー配管を笑 ヒナの業務日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる