ヒナの業務日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯田線の戦前型を作る02

<<   作成日時 : 2017/03/30 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

引き続き作業中…
画像

1/8 51046がカタチになってきた!
締切がいよいよ決まり,年が明けてスピードアップ(してたはず^^;)
主な加工点としては
◆車体
・運番窓の2桁化…元の窓を一旦埋めてt0.1mmプラ板を貼り,枠を残しつつ開け直し
・側面に急行表示サボ枠設置…トレジャータウン/TTP255サボ受けセットより区名札入れを横にして流用
・妻面…縦樋の丸パイプ(0.4mm真鍮線)化
・前面のHゴムガラス交換…角Rがキツめなのが気になり,富クモハ73近代化の前面ガラスが嵌るように削り広げました(写真では未施工。。)
・手すりは後述の車含めタヴァサのPN443クモハ52用
・前面の雨どいの曲がりを実車に合わせて気持ちなだらかに整形

◆屋根
・ベンチレーター配置変更
・車端ステップの金属パーツ化(BONAのP138旧国用が強度もありお勧め)
・ステップ交換のついでに屋根のカーブを自然な感じになるよう削り込んで整形(スジボリ堂のマジックヤスリが大活躍でした!)
この辺りは図面上と出来上がったものではどうしても印象が異なる面で有り,設計時も大変苦労されたと思われます。
ただ作業的にはパーティングラインを消すようにしてゆくと自然とカタチにはなるので難しいものではありませんでした。実物の写真見ながらあーでもないこーでもないと削ってゆく作業はなかなか楽しいものです。
画像

1/9 4両揃い踏み〜
最低でも4両編成で出したかったので当時の伊那松島配置から1組を選定…結果,芝生さんが撮影された上諏訪乗り入れで先頭に立った61004と,たまたま組んでた47155に決定。
後者は151との対比が見れるので好都合〜加えて先の2両が重めの加工多数だったので製品まんまの番号をそのまま弄るとどうなるか,という意図もあったはずです。。。
画像

クハの並び
47155は製品の153とさほど変わらないでしょう〜と思いきや地味なところで差異があり,わかる範囲で直してあげました。
箱サボはトレジャーのTTP241-02で,今回モールド生かそうかなと悩んだところもあるのですが,結果的に交換してよかったです。組み立てに際して,曲げる前に裏の筋を少しカッターでなぞってやると角がキッチリ出てくれるので効果的です。運番窓の穴あけはこれまた地味に面倒い箇所…ピンバイス開口の連続&デザインナイフカリカリで仕上げます。
画像

1/21 気が付けば塗装前…
写真撮る癖がなくなってしまっているからか,割と途中すっ飛ばしてこの状態ですm(_ _)m
お気づきでしょうが,今回も元の塗装は落とさずの作業です。
関水の塗装は比較的塗膜が薄いというのもありますが,まぁ同じ塗り分けなので大丈夫でしょうと言うことで(笑)
画像

屋根も塗装準備完了。屋根配管は屋根ー車体がしっかり組み付けられる点に目を付け,103系でも実績のある塗装後組み合わせる作戦としました。
よってこの時点では母線と作用管は車体側に固定し,屋根側は配管の台座のみ準備しています。
手前の51046は実車に合わせて国電では珍しいカバー無し避雷器を実装,但し各々実物ズバリの番号はなかったので他車を参考に引き直しました。

続く

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯田線の戦前型を作る02 ヒナの業務日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる